読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diorama records.

"alternative" music magazine.

中高生に大人気! 鋭い切り口の歌詞が特徴のミオヤマザキ

僕も最近になって存在を知ったのですが、ミオヤマザキというアーティストが中高生をはじめとした10代に絶大な人気を誇っているようです。
今日は、ミオヤマザキのご紹介です。

切れ味抜群歌詞と激しめのバックサウンド


ミオヤマザキ 『女に浮気がバレる26の法則』 

どうですかこれ。
歯に衣着せぬ歌詞と激し目のバックサウンドが特徴的だと思います。
最初これを見たときは解説動画か何かかと思ったのですが、最後のほうはしっかりと歌になっています。
歌詞の内容は、男の僕にはいまいちわからないのですが、女性には受けがいいのでしょうか。

MVにも特徴が


ミオヤマザキ デビューシングル「民法第709条」リリックビデオ

MVも見てみると特徴があるようです。
具体的に言うと、心象風景的な写真または顔が描いてなかったりする絵を背景に、歌詞がサンセリフ体でサイズや色がバラバラで配置されている、というPVが非常に目立ちますね。

ボーカロイドにそっくり?

これをみてsasakiは、ボーカロイドによく似ているという感想を持ちました。
(ボーカロイドというひとくくりもどうかとは思いますが……)
例えば、この動画を見てみてください。


【HD】 インビジブル 【GUMI・鏡音リン】- KEMU VOXX

激しいバックサウンド、歌詞が躍るMV、などなど、いろいろな特徴が一致していませんか?
これなら確かに10代に絶大な人気を誇るというのは納得です。

20代のsasakiが、高校生の頃に流行っていた曲です。
ボーカロイドが好きだった層が、高校生だったり大学生になってからミオヤマザキを聞いてはまっているというところなのかもしれませんね。