diorama records.

"alternative" music magazine.

自分が聞いた曲を自動で記録しておく方法Android編

必要ないといえば必要ないんですが、みなさんは自分がいつどんな曲を聞いたか覚えていますか?
なんとなく振り返ってみると面白そうですよね。
ということで、聞いた曲を自動で記録してくれる仕組みをご紹介します。
それでは、どうぞ。

#NowPlaying

みなさんはよくTwitterとかで#NowPlayingというハッシュタグを見かけることはありませんか?
言わずもがな、今私はこの曲を聞いています、というものです。
今回は、この仕組を使います。
Androidで音楽を聞いていると、自動でTwitterに#NowPlayingを投稿してくれるアプリがあります。

これ聴いてるんだからねっ! Advanced
これ聴いてるんだからねっ! Advanced
開発元:Fairysoft
無料
posted with アプリーチ

これです。なんでこんな名前なんでしょうか。
今回はこのアプリを使っていきます。

設定

起動するとこんな感じ。

f:id:hsasaki1231:20160918202631p:plain

なにやらなうプレの画面になってますね。
右上の更新マークの横のボタンをタップし、設定を押すとTwitterの認証とかいろいろあります。
それらを済まし(普段のアカウントと連携するのもいいですし、それ用にアカウント作っちゃうのも手です)、下側にスクロールしていくとこのような画面になります。

f:id:hsasaki1231:20160918202620p:plain

ここのバックグラウンドサービスってところで「自動投稿」を選択すると自動投稿がオンになります。
ちなみにその下の自動投稿するプレイヤーって部分のプレイヤー選択を押すとどのプレイヤーでは自動投稿してどのプレイヤーでは自動投稿しない、みたいな設定ができます。
そして便利なのが、「画面では再生11秒以下の曲変更では自動投稿しない」って書いてあるところです。その下のスライダーで何秒かは選べるんですが、これはどういうことかというと、例えばシャッフルで音楽を再生している時に気分と違う曲だな、なんて時ありますよね。そういう時は曲をスキップすると思うんですけど、その時○○秒以内にスキップした曲はTwitterに投稿しない、というものです。
あとは、「前回と同じNowPlaying情報受信時は、自動投稿しない」というのも結構便利で、どういう内容かというと、リピート再生などで同じ曲が何度も流れた際、それが立て続けに投稿されてしまう、というのを防ぐというものです。
この2つはかなり便利なので、是非活用してみてください。
さて、これで設定は完了です。

実際につかてみると

今回はパスピエを聞いてみることにしました。特に理由はありません。
で、再生して11秒後の画面がこちら!

f:id:hsasaki1231:20160918202633p:plain

どうですか。下にちゃんと表示されてますね。
端末をスリープしてても使えるので、これで音楽がどんどん記録されていきます。
ただし、スマホやセキュリティソフトの設定で勝手に終了される場合があるので、そういう場合は勝手に終了させない例外アプリってのに入れてあげてくださいね。

まとめ

f:id:hsasaki1231:20160918202631p:plain

いかがだったでしょうか。
是非活用してみてくださいね!